03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

m-earth@日々ああ楽しい事ばかり

日々の楽しい・おいしい事たわいも無い話をのせて行きます。

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

ドライヤー 

今日ちょっと劇的な発見しました。

ええ たわいも無いことなんですけどね。

いっつも営業とか練習とかで、ドライヤーって気にもしていなかったんですけど。

今まではパワー重視。超ワット数大きいイタリア製の1500wのドライヤー使ってました。

ビジュアルも赤くってうちのお店に合わせて。doraiya

これ。

でも難点が…、じつはこいつ重いんです。

でも、今まで気にもしてなかったんですよね、こんなもんだって思ってて。


でもですねー、お客様にドライヤー1個欲しいって頼まれたんですよ。

じゃあうちで業務用のやつ頼みましょうか?って。

うちの奴どうですなんて言って手渡したんですよ。

そしたら『こんな重い奴無理!!』って却下です。

『えええー重いんだーこれ』って激しく自覚。

そっこー道具屋さんに電話ですよ。

すっげー軽くってパワーある奴有りますか?って。


ああ、良いの有りますよーって言うから、持って来てもらいました。

軽いドライヤーあったら講習に持っていくのも荷物軽くって良いじゃん!。なんて思って、

早速自分の分も一緒に注文。

これです。白の素敵な奴 


doraiya2



その名も『クレイジーヘアー』

『 …… 』 クレイジーへヤーって

どーなのそのネーミング。


まあいいやためしに使ってみようと。

すっげー軽い!!!

劇的に軽い。

軽すぎてドライヤー持ってないみたい

300グラムらしい。今までのもついでに計ってみたら

…600グラム

半分の重さだもんそりゃ軽いわ。

練習のブローに使ってみました。もう劇的です。

このドライヤー無しじゃ生きていけませんってなくらい。



これもっと早く知ってたら練習楽だったなあ…



お店のドライヤー全部これに変えようか検討中。

お店でこのドライヤー見かけたら『そのドライヤー軽いですか?』って僕に振ってみてください。


もれなく嬉しそうに 『超軽いっす!!!』 って答えますよ

スポンサーサイト

[edit]

page top△

課題に追われて 

課題に追われています。毎月です。 いや、嫌な訳じゃないですよ。

むしろそれを楽しんでやっています。

もともと職人肌なので、こつこつ地味に練習することとか実は好きです。

今の課題はこれSQL2

スクエアレイヤーって言います。 地味に難しいです

美容師人生17年とかかけて身に付けてきたクセが邪魔してうまく切れません

どこかにリセットボタンあったら良いのに


まあ地味に矯正していくしかないわけで、この努力はいつか報われると信じて頑張りまっす。

これをはじめたのも、もともとスタッフに自分の技術をもっと明確に伝えてあげたいと思ってのことだったんですけど、思ったより根本から自分の技術を見直すことになってそれはそれでよかったかなと。

これをうまくスタッフに伝えることが出来たら、m-earthいい仕事してますねえ。ってことになるななんて思ったり


がんばろっ

[edit]

page top△

ひさびさにブログを書いていくことにしました。 

さて、気分を入れ替えてブログを更新していくことにしました(本当か?)


まあ続くであろう予測をもとに更新できる限りで…。っつーことで


最近カットの講習に行ってます。まあ自分の技術の見直しって事もあり、


スタッフに教えてあげれる自分でいるため(もともと感覚で仕事してたんで、アウトプットが苦手…汗)


なによりより良いスタイルを提案できる自分でいること。これですね。


もともと職人気質なのもあって、地味に練習するのも楽しいし。


こんなスタイル切ったりしています。ラウンドグラ


これはラウンドグラデーション。


まあこんな髪型にする人はなかなかいませんけど


ベーシックな技術でいろんな要素が満載。難しいんですよ。これ


かなり自分の中の技術が大変革中です。期待してください


[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。